ご利用中のOS・ブラウザをご確認いただき、以下の手順でJavaScriptを有効に設定してからご利用ください。

JavaScriptが無効のお客様へ

フースペ/FU-speでは、複数のサービスでJavaScriptを利用しています。一部のサービスでは、お使いのブラウザーでJavaScriptの設定が無効になっていると、サービス内の機能が限定されたり、サービスそのものが利用できなかったりするため、JavaScriptを有効にしてご利用ください。

ご利用中のOS・ブラウザをご確認いただき、以下の手順でJavaScriptを有効に設定してからご利用ください。

OSがWindowsのお客様

Windows版Internet Explorer 7、8、9、10の設定方法

  1. Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。
    ※メニューバーが表示されていない場合はキーボードの[Alt]キーを押すと表示されます。
  2. 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。
  3. [セキュリティ]をクリックします。
  4. 「インターネット」(地球マーク)が表示されているのを確認してから、[既定のレベル]ボタンを押します。 ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されているので、手順5. に進みます。
  5. また、以下の方法でも可能です。
    (1) [レベルのカスタマイズ]ボタンを押して、「セキュリティの設定 - インターネットゾーン」を表示します。
    (2) 「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]で、それぞれ[有効にする]を選びます。
    (3) [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。
  6. [インターネットオプション]に戻るので、[OK]ボタンを押します。

Windows版Mozilla Firefoxの設定方法

  1. FirefoxのJavaScript 設定については、Firefoxのサポートページを参考にしてください。

Windows版Google Chromeの設定方法

  1. Google Chromeのツールバーの[Google Chromeの設定]をボタンクリックします。
  2. 表示されるメニューから、[設定(S)]を押します。
  3. [詳細設定を表示]リンクをクリックします。
  4. [すべてのサイトでJavascriptの実行を許可する(推奨)]を選択し、[完了]ボタンを押します。
  5. Google ChromeのJavaScript 設定については、Google Chromeのサポートページを参考にしてください。

Windows版Operaの設定方法

  1. Operaの左上[Operaアイコン]をクリックします。
  2. 表示されるメニューから、[設定(S)]を押します。
  3. 設定メニューから[ウェブサイト]をクリックします。
  4. [すべてのサイトでJavascriptの実行を許可する(推奨)]を選択し、[完了]ボタンを押します。

OSがMacintoshのお客様

Macintosh版Safari 5の設定方法

  1. メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。
  2. 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。
  3. [プラグインを有効にする]と[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。
  4. 「セキュリティ」ウインドウを閉じます。